防犯ニュース(9月14日版)

Share on Facebook

■今まで以上のパフォーマンスを発揮できる防犯カメラシステム!!

オリンピックが東京で開催されることが決まり、日本国内が活気に満ち溢れています。
2020年の開催に向けて、いろいろな施設が今後建築されると思います。また、開催に伴い、買い物ができるお店や、レストラン等の外食店舗も今後増加も期待されています。

そのお客様を受け入れるお店側の方も、今までとは異なる新しい取り組みが求められています。
ある店舗では、カメラを活用してお客様への対応を工夫して、成功されている店舗もあります。防犯カメラを活用して、お客様の食の進み具合を確認する使い方は今の時代では当たり前になりつつあります。お客様がお店に入ってくる前から防犯カメラで来店確認し、最適なテーブルへ即座に誘導。来店の際の雰囲気によりおすすめするメニューを即座に判断。お客様に対するおもてなしをワンランクアップさせ、今まで以上のパフォーマンスを発揮されています。

ワンランク上の接客を可能にするi-NEXTシステム。現在も、いろいろな店舗で活用されています。

○i-NEXTシステム(サービス向上編)
http://www.enkaku-kanshi.net/purpose/%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e5%90%91%e4%b8%8a
○i-NEXTシステムの特長驚きの鮮明画像
http://www.enkaku-kanshi.net/feature

============================================================================

■無人・無警戒のところは空き巣犯にとっては最適な場所で危険!!

いよいよ秋のシーズンになりました。
秋といえばスポーツの秋。運動会のシーズンでもあります。小さなお子様がいらっしゃるご家族では、家族総出で運動会を見に出かける方がたくさんいらっしゃいます。また、おじいちゃん、おばあちゃんも孫の運動会を見に出かける方がたくさんいらっしゃいます。

このように、外出する機会が増える時期でもあります。
外出時に最も危険なことは無警戒状態。無人・無警戒のところは、空き巣犯にとっては最適な場所。最近は、無人の家を狙って、引っ越し業者を装って近所の方々に不審に思われない犯行も発生しています。無人になる場所は、必ず何らかの防犯対策が必要です。

ご自宅の玄関回りや開閉窓の防犯対策は大丈夫でしょうか。
また、ご自宅の車の防犯対策は万全でしょうか。近年、会社の事務所の玄関まわりの防犯対策として、電気錠を設置される企業が増えてきました。最近は、おサイフケータイやフェリカカード等を利用して、『ピッ』とするだけで玄関のドアのカギを解錠するいたってシンプルなシステムが増えてきました。(ACsmartシステム:http://www.securityhouse.net/catalog/ACS-FMI/)

無防備は最も危険です。玄関先の防犯対策や窓周りの防犯対策を忘れずに。

○建物内・部屋内に不審者を「入らせない」入退室管理システム
http://www.securityhouse.net/products/into/
○センサー付きカメラ【玄関先の映像を瞬時に確認】
http://www.securityhouse.net/products/camera/

============================================================================

■食欲の秋。収穫時期の農作物を守る!!

もうひとつ、秋といえば食欲の秋。
美味しいものが食べたくなる季節です。そして、農作物の収穫時期でもある秋。魅力的な農作物は、泥棒にとっても魅力的なものです。近年、この農作物の収穫時期にぶどうやなし、そして、かきやさくらんぼなどが盗難被害にあっています。お米も盗られるところがあります。一番被害に遭いやすいところは、収穫した物を保管している収納庫や倉庫。カギはかかっているものの簡単に錠前を壊され中に侵入され、大切な農作物がいとも簡単に奪われていまいます。

農作物が保管されている収納庫や倉庫は最低限不審者侵入対策が必要です。
特に大掛かりなシステムでなくても大丈夫です。持ち運び可能なワイヤレスタイプの移動型センサーを活用して、不審者の侵入をいち早く検知します。もちろん、侵入させないための対策が別途必要です。倉庫や収納庫は、建物の外からでも防犯対策がしっかりとなされていることがわかるように、セキュリティキーパーなどの防犯機器の露出を多くして、センサーで警備していることを視覚的にPRすることが重要です。下見をする泥棒に対して「ここはやめておこう」と思わせる抑止力で犯罪者を近づけさせません。

別の話になりますが、最近、農作のトラクターを狙う泥棒も多発しています。
トラクターを盗まれた農家は、多額の損失を被ると同時に、農作業ができなくなり困っています。トラクターを守るためには、敷地内においてあるトラクターに近づいた段階で、不審者を早期発見し、警報ベル等で威嚇・撃退することがポイント。敷地内をぐるりと囲い込む赤外線センサーを活用した外周警備システムが効果的です。トラクターの価格は数百万円~数千万円。奪われないためにも、防犯システムで食い止めることをお薦めします。

○倉庫・納屋ワイヤレス警報システム
http://www.securityhouse.net/location/farm/wireless/
○赤外線センサーで外周を警備(ビニールハウスでの例)
http://www.securityhouse.net/location/farm/house/

株式会社勉強堂
大分市錦町3-4-5
TEL:097-534-3842
FAX:097-533-0827
info@benkyodo.com

営業時間:
月-金/8:30-20:00
土日祝祭/9:30-20:00

定休日:
第2土曜日・第2日曜日
および第4日曜日
定休日は時期によって
変動する場合があります

過去の記事