防犯対策(2)

Share on Facebook

泥棒対策として有効な「侵入を手間取らせる」具体的な方法を考えましょう。

錠前を見直す

いまお使いの鍵はどのタイプですか?

防犯性の低い鍵

防犯性の高い鍵

ドアを強化する

ドアの強化

■ワンドア・ツーロック
1つのドアに鍵を2つ以上取り付けましょう。
ドロボーがピッキングや破壊に要する時間も2倍以上になります。

■ガードプレート・補強プレート・防犯サムターン
ボルト(かんぬき)を狙った破壊手口を防ぐために、扉の外側にはガードプレートを、サムターンを狙った開錠手口には、扉の内側に補強プレートを取り付け、さらにサムターンは防犯サムターんを交換しましょう。

■その他の防犯対策
防犯カメラ、防犯センサーなどを設置しましょう。
玄関などので入り口の見通しをよくしましょう
窓にも補助錠を取り付け、防犯ガラスに交換したり、防犯フィルムを貼りましょう
ご近所相互で注意し合い、不審者への声かけなども有効です

窓を強化する

一般住宅では窓ガラスを破って侵入するガラス破りが大部分を占めています。窓の強化は特に重要な防犯対策です。

面格子をつける

ステンレス製または強化されたアルミ製・鉄製の防犯面格子をつけましょう。

補助錠をつける

鍵付き補助金具や鍵付きクレセントで窓もツーロックにしましょう。

防犯ガラスにする

破られにくい防犯ガラスや防犯フィルムも有効です。

人感ライトをつける

人が通るとセンサーが反応し、ライトが点灯

人感ライト家人に便利な明かりは、不審者には威嚇効果があります。
また、地域ぐるみで設置すれば防犯意識の高い地域だという印象を与え、より効果的だと言われています。

テレビドアホンをつける

宅配業者や点検作業員を名乗り、ドアを開けさせて強盗に入る事件も多発しています。
インターホンを押した来訪者の顔を見て対応できるテレビドアホンを取り付けましょう。

防犯カメラをつける

  • 監視カメラの設置により、犯罪を起こしにくい環境を作り防犯効果を高めます。
  • 不審者の侵入を抑止します。
  • 駐車場の車上荒らし、自転車・バイクの盗難防止、いたずら防止に。
  • エレベーター内のいたずら、落書きなどの防止。
  • メールボックスへの迷惑チラシ、迷惑なセールスなどの出入りを監視。
  • ドアホンの視野以外の確認に。
  • 問題が発生したときの状況確認や人物特定の判断材料として役立ちます。
  • 監視カメラ
  • 監視カメラ
  • 監視カメラ

株式会社勉強堂
大分市錦町3-4-5
TEL:097-534-3842
FAX:097-533-0827
info@benkyodo.com

営業時間:
月-金/8:30-20:00
土日祝祭/9:30-20:00

定休日:
第2土曜日・第2日曜日
および第4日曜日
定休日は時期によって
変動する場合があります

過去の記事